暑さ&節電対策におすすめ過ぎる!シーリングファンライト(薄型)4機種買って使ってみた感想(比較レビュー)

現在我が家には、4種類のシーリングファンライトがあります。

1つは2年前に購入。
あとの3つは本格的な夏を前に今年6月上旬に購入し1ヶ月半ほど使っているのですが、
それぞれ大活躍してくれていて、改めて買ってよかったな〜と思っています。

今回はその4つを比較しつつ、それぞれの機種のおすすめポイントと、
強いて言えばではありますが、
もうちょっとこうだといいのにな〜と思うポイントもあるので、
それについても紹介します。

シーリングファンライトの購入を考えている方、失敗したくない方
あくまで個人的な感想多めですが、参考になれば嬉しいです。

<この記事はプロモーションを含みます>

目次

シーリングファンライトを購入したのは暑さ&節電対策!

2年前、一番最初に購入したのが↑このシーリングファンライトです。

そもそも空気を循環させるシーリングファンは、
リゾートや天井の高いお洒落なお店などでよく見かけますが、
最近はそこまで天井が高くない普通のマンション(高さ240〜250cmほど)でも設置できる薄型で、
省エネのLED照明がついたものがたくさん出ています。

照明も一緒になってるって、一石二鳥でいいですよね。

単純に涼しそうだし、このシーリングファンの天然の木(桐)でできた羽根が
部屋の雰囲気にぴったりだったので、
ちょっとお高めではありましたが思い切って購入してみたところ、
思った以上に良くてめちゃくちゃ気に入っています

扇風機がわりにもなるので、そもそもクーラーを使う時間が減ったし、
クーラーをつけたとしても、シーリングファンを併用することで
効率よく冷気を部屋いっぱいに行き渡らせることができるので、
設定温度は27度〜28度で十分!

暑さ対策だけでなく、節電対策としてもめちゃくちゃ優秀だと思います。

シーリングファンライトの電気代

2年前にシーリングファンライトを設置しにきてくださった販売店のスタッフの方いわく、

シーリングファンの電気代は、エアコンの約20分の1
1日およそ17円!
1日10時間ほどの使用なら、わずか7円程度!!

今は電気代も上がっているのでもう少しかかると思いますが、
それでもエアコンの20分の1であることは変わらないはず。

なので、空気が滞ってるのが嫌な私は、夏場以外も結構まわしっぱなしにしていています。

クーラーの冷気など、冷たい空気は下に溜まるのでファンを反時計回りにして空気を循環させ、
暖房を使う場合、暖かい空気は上に溜まってしまうので逆に時計回りに回して空気を循環。

室内温度を均一に保つことで冷暖房効率がアップし、結果、節電にもなります。

4台違う機種にした理由

そんなわけで、夏を前に3台を追加購入

当初は最初に買ったもので揃えようと思っていたのですが、ちょっと高価だったのと、
改めて調べたところ、色んな種類があって、
大きさや仕様も少しずつ違うので、それも試してみたいという気になり、
あれこれと検討した上で、3台違う機種を選んでみました

例えば、
リビングは来客があることもあるのでちょっといいものがいいけど、
寝室や書斎はそんな高価なものでなくていいし、
寝室は風が柔らかくて、オフタイマーがあるものがいいな〜…など、

場所に合わせて適材適所になるように考えて選んだのですが、結果、大正解!

今年(2024年)は、7月5日現在、まだクーラーを一度も使わず過ごせています。

さすがにそろそろ使おうかな〜とは思ってますが、
シーリングファンがなかったら確実にもっと前からエアコンを使ってたと思います。

購入する際の絶対条件

選ぶ時に絶対条件だったのは以下2つ。

  1. 普通のマンションでも設置できる薄型で、天井に穴をあけずに取り付けるられること
  2. DCモーター+LED照明であること

普通のマンションというのは、天井までの高さが240〜250cmほどのマンション。
我が家もそのぐらいです。

そしてその天井に下のような配線器具がついていれば取り付けることが可能なもの、
というのがまずひとつ。

そして、「DCモーター」というのは私も初耳でしたが、
シーリングファンのモーターは、ACモーターDCモーター、2種類があります。

調べてみたところ、ざっくりいうと、ACモーターよりDCモーターの方が高性能なんだそう。
静かで、細かく風量調節が可能で、消費電力も少ないので節電にもなります。

LED照明も白熱電球より省エネになるので、DCモーター+LED照明が絶対いいと思いました。

4台(4機種)のシーリングファンを比較

そんな条件で選んだシーリングファンライト4台は、素材も大きさも価格も性能も様々。

以下がざっくりした比較表です。(横にスクロールできます→)

スクロールできます
商品名
(販売元)
素材  購入価格  本体サイズ
(幅×高さ)
本体重量照明光束消費電力光色調光切替風速切替オフタイマー

FAZOO FAN
【FAZOO】
本体:スチール
羽根:天然木(桐)
シェード:ガラス
55,165円106.7cm×26.5cm6.3kg全光束 1635lmモーター:15W
LED照明:24W
電球色4段階
(100%・70%・40%・10%)
6段階(回転方向切替可能)1時間・3時間・6時間

Freio(フレイオ)
【VENTOTA】
本体:鉄・銅
羽根:繊維強化プラスチック
シェード:プラスチック
17,990円約83cm×27cm5.2kg最大時2300lmモーター:7w
LED照明:18w
電球色・昼白色・昼光色
(切替可能)
8段階調整可能6段階(回転方向切替可能)1時間〜8時間
(1時間単位)

folia (フォリア)
【VENTOTA
本体:鉄・銅
羽根:繊維強化プラスチック
シェード:プラスチック
20,980円110cm×31cm5.5kg最大時2400lmモーター:7w
LED照明:18w
電球色・昼白色・昼光色
(切替可能)
8段階調整可能6段階(回転方向切替可能)1時間〜8時間
(1時間単位)

天然木の
シーリングファンライト
【LOWYA
本体:スチール
羽根:天然木(プラタナス:PU塗装)
シェード:スチール、アクリル
25,990円86×24.5cm3.9kg1250lmモーター:13W
LED照明:20W
電球色・昼白色・昼光色
(切替可能)
4段階
(100%・75%・50%・35%)
5段階(回転方向切替可能)なし
各製品の比較


ぞれぞれの設置場所は以下。

  1. リビング(約17畳) ←これが1台目に購入したもの
  2. リビング ←1台目の補助的に購入した少し小さめなもの
  3. 寝室(約8畳)
  4. 書斎(約7畳)

部屋の広さや適性も考慮して設置してみました。

では、それぞれどんな特徴があるのか?

おすすめのポイントと、ほんの少しではありますが、
強いて言えばもうちょっとこうだったらいいな〜と思うポイントもあるので、
それぞれ紹介します。

①シーリングファン専門店【FAZOO】の「FAZOO FAN」

まず、約2年前、1台目に購入したこのシーリングファンライトは、
シーリングファンの取り扱い台数日本一だという
シーリングファン専門店『FAZOO(ファズー)』で購入したもの。

商品名は「FAZOO FAN(ファズーファン)」!

販売実績が34,500台以上で取り付け工事も行っているということで、
最初はやはり実績のある専門店が安心だと思ったんですよね。

いろんなメーカーのいろんな機種を扱っていますが、
その中でもこのシーリングファンライトはこれまでの経験を活かし、
かなりこだわって作った自社製品だそう。

2023年にはグッドデザイン賞受賞しています。

全然知らなかったですが、4台の中で一番品質が良くて一番気に入っています。

私はリビングに設置しましたが、7畳ぐらいの部屋でも良さそうなサイズ感。

カラーは、ナチュラルダークブラウンの2種類がありましたが、私はナチュラルにしました。

リモコンもあります。

これです!
↓↓

おすすめポイント


上の表を見てもわかりますが、ちょっとお高いだけあって素材もいいものを使っていて、
特に天然の木を使ってるのが個人的に高ポイント。

を使っているので軽量だけど安っぽくないし、
シンプルなデザイン、ナチュラルな雰囲気で、部屋がちょっとおしゃれになった気がします。
*天井にうっすら前の照明の跡がついてしまっているのがちょっと気になるけど、その辺は仕方なし。

明るさも風量も十分!
音もとても静か!


価格相応の価値があると思います。

品質に自信を持っているようで、90日間返品保証無料3年保証などアフターサービスも充実

我が家の天井に取り付けられるかなど、分からないことがあればメールはもちろん、
電話でも丁寧に対応してくれるので安心して購入できました。

なので追加購入する際も、当初は全部これで揃えようかと思ったのですが、
以下のポイントがちょっとだけ気になって、他のものを購入したのでした。

ちょっと気になるポイント

基本的にはとても気に入っているのでちょっと気になるポイントと言っても、
「強いて言えば」ですが、

もう少し暗くなると嬉しいな〜、と。

上の表の「調光切替」に、「4段階(100%・70%・40%・10%)と書いてあるとおり、
明るさが4段階で調節できるのですが一番暗くしても結構明るい。

上の2枚の写真の左が一番暗くした時右が一番明るくした時の写真なのですが、
写真だとほぼ同じに見えちゃいますよね。
実際見ると左の方が全然暗めではありますが、感覚的には30%〜40%はありそうな気が…

なので、例えば映画見る時、ちょっと薄暗くしたいな〜と思うと消すしかない
もう1段階か2段階暗くなると嬉しいな〜という感じ。

ですが、例えば書斎だったら薄暗くする必要ないし、
設置する場所によっては全然問題ありません。

あともうひとつ、これも強いて言えばなのですが…
「ライトの色味は落ち着きのある電球色(オレンジ色)」とのことだったのですが、
思ったよりも白め。もうちょっとオレンジがかってる方が個人的には好きです。

でもLEDの電球色はだいたいそうなので仕方ないですね。

そして、私が購入した時はお値段が55,165円だったけど、
改めて見たら69,800円に値上がりしてました。

これに関しても、材料費や人件費も上がっているだろうし仕方ないなと思いつつ、
3台追加すると20万円以上になってしまう…
設置費用を入れるともっとかかってしまう…(設置費用について後述します)

例えば寝室や書斎など、人目につかない部屋はもっと安いものでいいな〜、
という結論に達したのでした。

予算に余裕があればめちゃくちゃおすすめです!
↓↓↓
\FAZOO FANをチェック(PR)/

【VENTOTA】の「Freio(フレイオ)」

こちらは今年(2024年)6月上旬に追加購入した3台のうちの1台。

大阪に本社を構える「VENTOTA」というインテリアブランドが販売している
Freio(フレイオ)というシーリングファンライトです。

最初に紹介したシーリングファンライトと同じリビングにもう1つ照明をつけられる場所があるので、
そこに設置しました。

すぐ近くに天井埋め込み式のエアコンがあるため、それにぶつからないように少しコンパクトなもの、
そして、少し暗めになるものがいいと思い、探しに探して見つけたもので、
お値段的にもかなりお手頃感ありました。

でも思ったよりチープ感はなく、結構気に入っています。

↑こんな感じで送られてきました。

リモコンも結構しっかりしたものでした。
風速や明るさが数字で表示されるので分かりやすくていいです。

\ブラックもあるよ!(PR)/

おすすめポイント

なんといってもコンパクト(本体サイズ:約83cm×27cm)なので、小さめの部屋にもおすすめです。

だいたいのシーリングファンは壁から羽の先っぽまで50cm以上離すことを推奨していますが、
この場所は壁まで20cmぐらいしか離れてません。
でも今のところ全然問題ないので、意外とギリギリでも大丈夫なのかもしれません。

小さいわりに、風速は6段階で調節可能で結構パワフル!

なのにと〜ても静か。モーター音などほぼしません。

そして、明るさは8段階調整可能
小さいわりにしっかり明るいし、暗くもできるので、映画を見る時などにいいです。

写真左が一番暗くした時。右が一番明るくした時。
ライトの色は、電球色・昼白色・昼光色にも切替可能で、写真は電球色です。

あと、そよ風のような自然な風を作る「1/fゆらぎ機能」も搭載
自然の風のように強くなったり弱くなったり、たまにしか使ってませんがなかなかいいです。

ちょっと気になるポイント

ちょっと気になるポイントとしては、
照明器具のアタッチメントのネジが4箇所とめる場所があるのですが、
1箇所だけどうしてもネジが入らなかったこと。

最後の方に書きますが、今回取り付けは販売店とは関係ない業者の方にお願いしました。

シーリングファンライトの取り付けをたくさんやってきた方でしたが、
1個だけネジがどうしても入らないと困っていて、
海外の製品によくあること、とのこと。

どこ製かはどこにも書いてないのですが、
「輸入販売元:VENTORA」と書いてあったのでたぶん海外製なんだと思います。

「3箇所がしっかりとまってるし、そんなに重くないし、
からおそらく大丈夫だと思うけど保証はできない。どうしましょうか?」
とのこと。

ちょっと不安はありましたが、
ぐらつきもなくしっかりついてたので、きっと大丈夫だろうと了承したのでした。

1ヶ月使用してどうだったかというと、今のところ全然問題なし!

ガッチリ固定されているので全然気にしてませんが、自分で取り付けをしてたら困ってただろうし、
クレームする人もいるかもしれないな〜とは思いました。

ですが、繰り返しますが、問題なく、結構気に入ってるので、コンパクトなものを探している方にオススメです!

\「Freio(フレイオ)」チェック(PR)/

Amazon、楽天市場、Yahooショッピングでも購入できますが、
販売元の公式オンラインショップ「FINE KAGU公式サイト」では7月5日現在セール中!
16910円という最安値で購入できます。

会員登録するともらえるクーポンや、特別セールが行われることもあるようです。

\ 現在セール中! /

【VENTOTA】のfolia (フォリア)

これも、ひとつ前に紹介したのと同じ「VENTOTA」が販売しているもの。

folia (フォリア)というシーリングファンライトです。

羽根が5枚あって花のようなデザイン🌸

↑横から見るとこんな感じ。

ひとつ前より羽根が長くて、4台の中で一番大きいです。(110cm×31cm)

リモコンはひとつ前のと同じ。

↑こんな感じで届きました。

お値段は2つ目のとそんなに変わりません。

こちらです!
↓↓

おすすめポイント

おすすめポイントとしては、花みたいでちょっとかわいいというのと、
羽根が5枚あるのでかなりパワフル!

羽根3枚のシーリングファンと比べると結構違います。
回すとぶわ〜っと大きく空気が動く感じ。

そして、羽根が5枚あることで、羽根3枚のシーリングファンよりも風が柔らかい

より自然風に近い気がします。

なので寝る時にいいと思い寝室に設置したのですが、これが大正解で、
おかげで、夜は心地いい風の中でぐっすり眠れています👍

7月15日現在、まだクーラーなしで全然大丈夫!
1番弱い風でも長時間当たってるとだんだん寒くなってくるので、
タオルケットをかけて寝ています。

電気代も安いので安心して朝までつけっぱなしにしていますが、めちゃくちゃ快適!

クーラーつけずとも、寝苦しいなんて思ったことはまだ一度もないし、
もしかして、この夏はクーラー使わないで済むかも?ともちょっと思ったりしてるぐらいです。

明るさも8段階で調節できるので暗めにもできるし、
1時間刻みのオフタイマーがあるのも便利!

*明るさの8段階調節と1時間刻みのオフタイマーが付いてるのは、
これと、ひとつ前の「Freio(フレイオ)」です。

ちょっと気になるポイント

そんなに気にしてないので強いて言えばですが、
羽根がプラスチックなので、若干のチープ感あり

でも設置したのが寝室なので誰が見るわけでもないし、私的には全然OK!

もうひとつ、羽根が多いからか、4台の中で一番ライトのチラつきがあるかも。

といっても慣れれば全然気になりませんが。
なんとなく、リビングにはあまり設置したくないかな〜、という感じで、
個人的には寝室への設置がおすすめです。

あと、ひとつ前のシーリングファンライトと同じで、やっぱりこれも、
ネジを留める場所が4つあるうちの3つしか留まりませんでした。

でも、今のところ全然問題なし。
しっかり活躍してくれてます。

あとこれは取り付け作業上のことですが、羽根が5枚あると羽と羽の間が狭いので、
ちょっと作業がしづらい、と、業者さんがおっしゃっていました。
たいしたことではありませんが、参考までに。

色は3色展開

色は3色展開で、私はホワイト×ナチュラルウッドを選びました。
色によって全然違う雰囲気になりそうですね。

\folia (フォリア)をチェック(PR)/

Amazon、楽天市場、Yahooショッピングでも購入できますが、
販売元の公式オンラインショップ「FINE KAGU公式サイト」では7月5日現在セール中!
最安値で購入できます。

会員登録するともらえるクーポンや、特別セールが行われることもあるようです。

\ 現在セール中!(初回注文700円引きクーポンあり) /

【LOWYA】のNew Jabalia 2(ニュージャバリア2)

そしてこれは、インテリアのオンライン通販で知られるLOWYA(ロウヤ)
New Jabalia 2(ニュージャバリア2)というシーリングファンライト。

天然の木を使っていて、見た目的には2番目に好きです!

全体の大きさは、86cm×24.5cm。
4台のうち2番目に小さいので約7畳の書斎に設置したのですが、まさにぴったりサイズ。

↑こんな感じで届きました。

おすすめポイント

おすすめポイントとしては、
やはり天然の木を使っているのでナチュラルな風合いがいいです。

プラスチックの羽根と比べると分かりやすいでしょうか。
桐材ではなさそうですが、重さ的には一番軽いです。

ちょっと気になるポイント

これも気に入っているので、強いて言えばですが…
4台の中で1番風が弱めです。

7月に入ってからは5段階調整で一番強い5で使うことも多くなってきました。
(クーラーはつけてません)

他の3台の機種はあまり最大風量で使うことはないので、明らかに一番弱いのかなと思います。

ただ、心地いい風ではあるので、そこまで気になるほどではありません。

あと、明るさも、最大にしても、他のに比べたら少し暗め。

なので、私の書斎にはちょうどいいですが、10畳以上の部屋にこれひとつだと、
ちょっと暗いんじゃないかな〜と思います。

4段階(100%・75%・50%・35%)で調節できるようになっていて、
一番最初に紹介したシーリングファンライトと一緒で、そんなに暗くはならないタイプ。
つまり、調整幅が狭い感じ。

でも書斎だったら薄暗くすることもないので問題ありません。

あと、このリモコンが、ちょっとどんくさいというか、
ライトの色が、昼光色→昼白色→電球色と切り替えられるのですが、
切り替える時に一旦電気が消えてから再びつく、という。

そして、私は電球色が好きなのですが、
一度電気を消すと、次につける時に昼光色に戻ってしまうのが若干めんどくさいな、と。

でも仕事するときは昼光色でもいいかと、そのまま使うことも多いので、
デメリットというほどではありません。

一番アナログ感があって、それもまたかわいいと言えばかわいい気もします。

ちなみに、これは4つのネジ、しっかり締まりました!

私のはホワイト/ナチュラルですが、ブラック/ナチュラルブラック/ブラウンというのもあります。

*7月5日現在、品切れ中のようです。

実は迷ったニトリのシーリングファンライト

ちなみに、ニトリでも販売しているJAVALO ELF(ジャヴァロエルフ)というブランドの
このシーリングファンライトも候補でしたが、
私の希望よりちょっと大きめ&お高めだったのでやめました。

どっしり存在感あって広めのリビングとかに良さそうですね。

取り付けは業者におまかせ

そして、取り付けについてですが、
口コミを見てると自分で取り付けたという人も結構いますが、
私はそういうのは苦手なので、全部業者にお願いしちゃいました。

取り付け方は説明書に詳しく書いてあるので、
DIYとかが得意な人にはそれほど難しくないのかもしれませんが、
本体が5〜6キロあって重いし、
それを担いでハシゴにのぼって作業しなきゃいけないので、結構危ない。
安全のためにも慣れてる業者さんに頼んじゃった方が楽でいいんじゃないかと思います。

頑張って設置できても、なんか違ってて落ちてきたらと思うと怖いですもんね。

取り付けにかかった費用

今回、追加購入した3台に関しては、「ミツモア」で見積りを取り、
見積りが届いた5社のうち、一番安かった業者さんにお願いしました。

総額は、税込23,500円

内訳

<工賃>
取り外し:シーリングライト1,500円 × 2個 = 3,000円
取り外し:ペンダントライト1,500円 × 1個 = 1,500円
取り外しが複数個ある場合の割引-500円 × 2個 = -1,000円
取り付け:シーリングファンライト
7,000円 × 3個 = 21,000円
取り付けが複数個ある場合の割引
-500円 × 2個 = -1,000円

交通費>
出張費 無料
駐車場代 無料

取り外しする照明がなければ一台7000円ぐらいです。

一番高い業者さんだと3台で56221円だったので、かなり良心的にやってもらえたと思います。

業者さんによって全然違うので、いくつか見積り取った方がいいですね。

ちなみに、一番最初のシーリングファンライトは、
販売元であるFAZOOに取り付けをお願いしたのですが、
かかった費用は18,700円(税込)でした。

内訳

マンション、2.5m程普通天井、フラット
既設照明あり、壁スイッチON/OFFタイプ

■お見積り
工事費:12,000円
既設照明取り外し:1,000円
出張費:4,000円

小計:17,000円
消費税:1,700円
合計:18,700円(税込)

※天井の高さが2.9m~3.6mある場合は5,000円+消費税が追加。

ただこれは2年前の金額で、現在は、1台14,000円
(2台目以降、複数台数の場合は1台3,500円の割引があるようです。)

ちょっとお高いですね。
なので、もっと安くやってくれる業者さんにお願いしてもいいかも。

ただ、販売店の方が一番その製品に詳しいのは間違いないので、
不安な方はお願いしちゃった方が楽だし、安心だと思います。

まとめ

ということで、我が家のシーリングファンライト4つについて紹介しましたが…

とにかく、
暑さ対策、節電対策にシーリングファンライトはめちゃくちゃおすすめ!

特にクーラーが苦手な方に激推ししたい!

快適すぎて、我が家では欠かせないものになっています。

他にもいろんな機種があるので、興味がある方は、
何を重視するかを考えて、
取り付ける部屋に合うものを探してみることをおすすめします😊

ちなみに、キッチンや洗面所、脱衣所では、
昨年購入した冷風扇が今年も大活躍してくれています😎
↓↓↓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次