【池尻・三宿グルメ】人気パン屋さんがクレープ屋さんをオープン😎「La CREPERIE BONNET D’ANE(ラ クレープリー ボネダンヌ)」

クレープ

三宿エリア(東京都世田谷区)にクレープ屋さんがオープンしました。

お店の名前は、
La CREPERIE BONNET D’ANE(ラ クレープリー ボネダンヌ)」!

三宿大人気のパン屋さん
Boulangerie BONNET D’ANE(ブーランジェリー ボネダンヌ)」が新たに開いたお店です。

2023年6月27日にプレオープンしたばかりで、現在週末のみの営業ですが、
すでに話題で営業日には行列ができるほどの人気ぶり。

私もさっそく並んで食べてきました😋

目次

「ラ クレープリー ボネダンヌ」のお店の場所

La CREPERIE BONNET D'ANE(ラ クレープリー ボネダンヌ)外観

三宿の閑静な住宅街の中、小さくて可愛いクレープ屋さんがオープンしました。

住所でいうと、世田谷区三宿1−30−4グランフォート三宿1階。

池尻大橋駅からお店までの地図

調べると、東急田園都市線「池尻大橋駅」の西口から歩いて13分、
東急田園都市線「三軒茶屋駅」北口Bから徒歩14分と出てきます。
池尻と三軒茶屋のちょうど間ぐらいですね。下北沢からも歩けなくはない距離です。

クレープリーから見えるブーランジェリーボネダンヌ

このクレープ屋さんを手掛けるパン屋さん「ブーランジェリー ボネダンヌ」も、
同じ通りの並び、歩いて1分もかからない場所にあります。(黄色い丸印の中)

オーナーシェフの思い

ブーランジェリーボネダンヌ

こちらがクレープ屋さんを手掛けるパン屋さん「ブーランジェリー ボネダンヌ」。
このエリアでは有名な人気店で、オーナーシェフは、荻原浩さんという方。
5年以上のフランス修行を経て、2013年にこのお店をオープンされたそう。
小さな可愛いお店で、販売しているパンの種類もそれほど多くありませんが、
とにかくなんでも美味しいので、私も大好きなお店。
東京都内の好きなパン屋さんトップ3に入ります。

そんな「ボネダンヌ」がクレープ屋さんをオープン!??
なんとなんと!と、楽しみにしておりました😊

テーマは、「日常にクレープを」だそうで、「ボネダンヌ」のインスタグラムには、
以下のようなシェフの思いが綴られています。

フランス修行時代、パン屋で作るクレープの美味しさに感動しました。
材料はシンプルですが
良質な小麦粉、バターなど
素材を感じることができます。
サッと焼いてバターと砂糖で
シンプルに仕上げます。
これがフランスで食べられている日常のクレープです。
毎日食べても飽きない最高のおやつ。

引用:ブーランジェリー ボネダンヌ公式Instagram

素敵♪

メニューは、クレープとサンドイッチとコーヒー

メニュー

店頭に掲げられたメニューには、クレープが2種類ありました。
シンプルに生地を楽しむクレープ」ということで、

  • 有塩バターとグラニュー糖      税込378円
  • 有塩バターとグラニュー糖 レモン   税込389円

ほんとにシンプル!
日本では写真映えするデコレーションもりもりのクレープを出しているお店が多いですが、
本場、フランスのクレープはこういう感じなんでしょうね。

そしてお値段もお手頃感あっていいです。
クレープは大好きで色々なところで食べますが、だいたい500円以上はするので、
このぐらいの価格は嬉しい。
まさに「日常のクレープ」ということなんでしょうね。

ちなみに、写真には「生地と素材を楽しむクレープ」として、
マスカルポーネとルバーブジャムのクレープの記載がありますが、
プレオープンの日のみの販売だったのか、現在メニューからは消えています。

そして、クレープの他にも、サバサンドやツナサンドといったサンドイッチ類や、
コーヒーやカフェラテなどもありました。

有塩バターとグラニュー糖のクレープ

クレープを焼いているところ

さっそく並んで注文すると、店内ではスタッフの方がクレープの生地を一枚一枚せっせと焼いていて、
とても忙しそう。美味しそうないい匂いが漂ってきました。

有塩バターとグラニュー糖のクレープ

こちらが「有塩バターとグラニュー糖」のクレープ。
小ぶりですが、小腹を満たすのにちょうどいいサイズ。
出来立てホヤホヤの温かい状態で、小麦粉の生地とバターのいい香りがします😆

有塩バターとグラニュー糖のクレープ

生地の端の方はパリパリっと香ばしく、

もちもちの生地

食べすすむともっちり。じゃりっとするグラニュー糖もいいアクセントで、
でも、甘すぎず。バターが結構きいてて、ちょっとクロワッサンの味に近いような?
まさにパン屋さんが作ったクレープ、という感じがしました。
暑い日だったので油っぽさが若干気になりましたが、シンプルに美味しかったです😋
お母さんに買ってもらって食べている小さな子供もいましたが、
美味しそうに喜んで食べている姿が微笑ましくて、改めて、いいお店ができたな〜と思いました。

有塩バターとグラニュー糖 レモン

そしてもうひとつ、こちらは「有塩バターとグラニュー糖 レモン」。
見た目ではわかりませんが、黄色いシールが貼ってあります。
ただ、レモンがかなりほんのりで、「有塩バターとグラニュー糖」との差があまりわからず。
もう少し酸味がわかる方が個人的には好みだし、夏の暑い中食べるのにも良さそう、と思いました。

いずれにしてもオープンしたてで、しかもいきなり行列ができてしまい、
オペレーション的にちょっと大変そうな感じはあったので、今後に期待!
きっと少しづつ慣れて安定して、より美味しくなっていくのだろうと楽しみです😊

コーヒーにもこだわり

カフェラテ

ちなみに、カフェオレも美味しかったです。
クレープに合うように選んだオリジナルブレンドの豆を使っているそう。

コーヒーのこだわり

↑この説明、素人にはちょっと難しいですが、めちゃくちゃこだわっていることはわかります。
きっとシェフはコーヒーもお好きなんだろうな〜と思いました😎
確かに、クレープと合う!

営業時間と混雑状況

営業日の案内

7月は土日のみ、11時〜夕方5時までの営業。

8月と9月の営業日は、この下の方に貼ってあります。↓↓

順番待ちの際の案内
La CREPERIE BONNET D'ANE(ラ クレープリー ボネダンヌ)

私が行ったのは土曜日。
オープンしたばかりだったからか、注文まで10分〜15分ほど並んで、
注文をしてからさらに10分〜15分ぐらい待ちました。

日によっては早めに完売してしまう日もあったので、
確実に食べたい方は早めの時間に行くことをおすすめします。

La CREPERIE BONNET D'ANE(ラ クレープリー ボネダンヌ)

ちなみに、クレープが完売しても、サンドイッチやコーヒーは販売してました。
サバサンドも美味しかったですよ👍

もうひとつちなみに、お店の前の椅子が小さくて座れないことが多いと思いますが、
そ場合は、お店の裏にある緑道がオススメです。

緑道

ベンチもあるので、ゆっくり座って食べられます👍

<追記>8月から平日と夜の営業もスタート!(8月と9月の営業スケジュール)

8月と9月の営業日のスケジュールが出ていたので貼っておきます。

なんと、平日に営業する日もあって、夜9時までの営業も!

夜にもクレープが食べられるなんて嬉しい!と、さっそく夜7時過ぎに行ってみたところ、
結構人が集まってました。

メニューを見ると、2種類だったクレープが4種類に!

  • マスカルポーネとルバーブジャムのクレープ(税込508円)
  • パッションフルーツとショコラのクリームマンゴーコンポートのヨーグルト(税込540円)

という、、もはや長くてよく分からないけど、なんか美味しそう!という感じのメニュー名。

せっかくなので、その新メニュー2つを購入したのですが、
どちらも、まるでレストランのデザートのようなお洒落な味で美味しかったです😋

生地だけのクレープもそれはそれで美味しいのですが、
私個人的には新メニューのように具が入ってる方が
クレープらしくて好きかもしれません。好みですね。

にしても、“夜クレープ”、流行りそうな予感♪

<さらに追記>11月の営業スケジュール

夜クレープ、結構気に入っていたのですが、10月以降は土日のみ。
11:00~17:00の営業に戻ったようです。

また夜もやってくれるといいな〜

<2024年2月9日追記>

現在準備期間のため、しばらくお休みしているよう。
4月の再オープンを予定しているそうです。
ご注意ください。

パン屋さん「ブーレンジェリー ボネダンヌ」もはしご

行列のできるブーランジェリーボネダンヌ

せっかくこのエリアに来たら「ブーランジェリー ボネダンヌ」にも寄らないともったいない!

サンドイッチメニュー

注文をしてからバケットで作ってくれるサンドイッチがとても美味しくて大好きです。

ブーランジェリーボネダンヌで買ってきたパン

サンドイッチだけでなく、だいたい何でも美味しいです。(雑、、笑)

パテ・ド・カンパーニュ

パテ・ド・カンパーニュはちょっとしたご馳走♪

世田谷区内では松陰神社前にある「ブーランジェリー スドウ」か、
この「ボネダンヌ」が私の2大巨頭。
大好きなパン屋さんです。

もうひとつ、ボネダンヌの系列店?

そういえば、もうひとつ、クレープ屋さんを起点に、パン屋さんの反対方向に歩くと、
もう1軒「ボネダンヌ」のパンが食べられる「キュリッチ」というお店があります。
もともと「パパプウル」というカフェのようなお店でしたが、
今年(2023年)1月に「カフェ・バル・デリ キュリッチ」というお店に生まれ変わりました。
昼はボネダンヌのパンを使ったタパスや小皿料理、
夜はお酒とともにアヒージョやピンチョスが楽しめるよう。
ボネダンヌで買ったパンを持ち込むこともできるらしいですよ。(その場合はワンドリンクオーダー)

キュリッチ

こちらはまだ入ったことがないので、いつか行きたいと思います♪

ということで…
この通りは、駅からは少し離れていますが、最近どんどん素敵なお店ができていて、歩くのも楽しい!

すぐ近くには、以前ブログに書いたすでに大人気のイタリアンレストラン「Arrow(アロー)」や、
最近、雑誌の掲載も多くて人気の「ワルワルドーナツ」などもありますよ😎✨

興味ある方はこちらもぜひチェックしてください😊
↓↓↓ ↓↓↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次