2024年The Okura TOKYO(オークラ東京)宿泊記〜クラブラウンジレビュー!軽食、スイーツ、お酒も朝食も、1日楽しめる極上空間!

オークラ東京のクラブラウンジ

今回は、今年(2024年)1月上旬に宿泊した東京・虎ノ門のホテル、
The Okura TOKYO(オークラ東京)のクラブラウンジについてのレビューです。

オークラ東京については書きたいことが多すぎて、
クラブラウンジについては後回しになってしまいましたが、
結論、食べ物も飲み物もとても充実していて、眺望も最高!
都内のホテルのラウンジの中でもトップレベルのラウンジだと思いました。

2024年!今年の様子ということで、
詳しく紹介するので、参考になれば嬉しいです。

*ちなみに、オークラ東京については、チェックイン前に楽しんだランチについてや、
客室、朝食についても詳しく紹介してるので、よかったらこちらもぜひ。
↓↓↓

<この記事はプロモーションを含みます>

目次

クラブラウンジの場所・雰囲気・眺望

プレステージタワー37階のクラブフロア
プレステージタワー37階のクラブフロア
クラブラウンジの入り口
クラブラウンジの入り口

宿泊当日は、ヘリテージウイングにあるフランス料理「ヌーヴェル・エポック」でランチを楽しみ、
15時にチェックイン。
部屋で一休みしてから、15時半頃、クラブラウンジへ向かいました。

(写真はクラブラウンジの受付:「一休.com」より引用)

The Okura Tokyoのクラブラウンジは、本館にあたるプレステージタワー37階
入り口に受付があり、そこでルームキーを提示すると席に案内してもらえます。
といっても「お好きな席へどうぞ」、という感じで空いてる席に座ることができます。

クラブラウンジ
クラブラウンジ

中は、広さ約430平米だそうで結構広々。大きなホテルだけに席数も多め。
落ち着いてリラックスできる雰囲気です。

ゲストの年齢層は少し高めな印象

このクラブラウンジは、軽食やお茶だけでなく、
専任スタッフによるパーソナルサービスや
新聞(邦字、英字)・雑誌の閲覧、コピー・プリントアウト・国内FAXを
合計10枚まで無料で利用可能だそう。
ミーティングルームもあり、クラブラウンジ付プランで宿泊の場合は
1時間無料で利用できます。

クラブフロアのソファ席

ゆったり座れるソファ席もあり。
クラブフロア宿泊のゲストはここでチェックインします。
(スタッフのアテンドで5階のフロントからこちらへ案内してもらえます。)

クラブフロアからの眺望
クラブフロアからの眺望

私たちは眺めのいい窓際の席にしました。目の前には虎ノ門ヒルズも見えます。

窓が大きいから明るくていい!

クラブフロアから見える東京タワー

東京タワーもチラッと、ギリギリではありますが、しっかり見えます!

クラブフロアからの眺望

広角カメラで撮るとこんな感じ。

クラブフロアからの眺望

遠目には東京湾も見えるダイナミックなパノラマビュー!
夕暮れ時や夜景もとても素敵で、
お茶しながら景色を眺めてるだけでも贅沢な気分になれました😊

(引用:一休.com)

※ドレスコードはスマートカジュアル!

クラブラウンジの利用条件&利用料金について

フードプレゼンテーションについて紹介する前に…

クラブラウンジを利用するには、
クラブラウンジアクセスあり」という宿泊プランで予約する必要があります。

クラブルームを予約すれば確実についてますし、
ヘリテージウイングも、だいたいがクラブラウンジアクセスありのプランになっていますが、
一部「アクセスなし」のプランもあるので、予約の際にしっかり確認しましょう。

料金的な話をすると、
今回私は、ヘリテージウイングのクラウラウンジアクセスありのプランで宿泊したのですが、
アクセスなしのプランより約2万円ぐらい高かった記憶です。

ですが、時期やその時のプランによっては1万円ぐらいしか変わらないこともあったので、
その場合は絶対に「アクセスあり」のプランを選ぶことをおすすめします!

この後紹介しますが、確実にそれだけの価値はあると思います。

ホテルによってはクラブラウンジアクセスありのプランにすると
4〜5万高くなるところもありますが(例えばパレスホテル東京とか…)、
それを考えるとここはとそこまで大差ない気がするので、
どうせお高いんでしょ〜?と決めつけず、一度調べてみるといいと思います。

\The Okura TOKYOの宿泊プランをチェック(PR)/

子供の利用について

ヘリテージウイング宿泊者向けの案内    

オークラ東京は、11歳以下の子供は添い寝の場合、宿泊料は無料。
ですが、クラブラウンジを利用する場合、6〜11歳は、
追加料金1泊1名あたり¥4,500(消費税・サービス料込)がかかります。

そして、17:00以降は13歳未満の利用はできません。

中学生(12歳)以上ならOK!

なので、夕方以降は大人の時間。
朝食の時間帯や昼間も、数人の子供がいましたが、
そんなに賑やかにはならない程度で、終始落ち着いた時間が過ごせる場所になってました。

ちなみに、レストランでの子供の朝食は、未就学児は無料。
6歳から12歳までは¥3,600でブッフェを食べることができます。(消費税・サービス料込み)

同伴者の利用料金

外来も、クラブラウンジ付きプランの宿泊者の同伴者としてなら3名まで利用が可能。
その場合、1回60分のご利用で¥9,000(消費税・サービス料込)

ただ、さすがに1時間で9000円も払うほどではないと思うので、
だったらホテル内の別のレストランに行ったほうがいいと思います。

フードプレゼンテーションのタイムスケジュール

オークラ東京のクラブラウンジ

ということで、ここからは、そんなオークラ東京のクラブラウンジで楽しめる
食べ物とドリンクについてご紹介。

営業時間は、8:30〜20:30まで。
その中で、フードプレゼンテーションは1日に3回、以下の時間帯で用意されます。

  • 8:30~11:00…モーニングライトミール
  • 14:00~17:00…スイーツ&セイボリー
  • 17:00~19:30…イブニングライトミール

いずれの時間帯もかなり充実したラインナップで、
他の一流ホテルのクラブラウンジと比べても、かなりいいのでは?と、個人的には思いました。

それぞれのフードプレゼンテーションを紹介する前に、
時間帯に関係なく常に用意されている飲み物ですが、

こちらはホットドリンクエリア。

ドリンクバー
紅茶

紅茶は、客室にも用意されているスリランカ(セイロン)で誕生した紅茶ブランド
「ディルマ」の世界の銘茶コレクション。
「地中海マンダリン」や「イタリアンアーモンドティー」など、
いろんなフレーバーがありすぎて選びきれずw 私はもっぱらカフェラテを頂いてました。

コーヒーマシン
だし

紅茶やコーヒーの他、「のむ天然おだし」などもあり。

七福神のお吸い物

さらに、1月上旬で新年明けたばかりだったからか?常にあるかはわかりませんが、
めでたい雰囲気の七福神のお吸い物もありました。

冷たいドリンクは、お茶や炭酸水、オレンジジュースやグレープフルーツジュース、
コーラやジンジャーエールなど。
アルコールは、昼間は瓶ビールだけでしたが、
夕方以降はかなりいろんな種類がありました。

スイーツ&セイボリー(14:00~17:00)

フードプレゼンテーション

14:00〜17:00は、「スイーツ&セイボリー」の時間帯。
スイーツやパン、軽くつまめる軽食などがあって、
アフタヌーンティーっぽいラインナップでした。

パン類
パン類

特に小さめのパンが大充実!

ミニクロワッサン、ミニシナモンロール、ミニシュネイク、デニッシュ(なると金時)、
パン・オ・トマーテ、ミニメロンパンなど、プチボンム、抹茶コッペパン(粒あん)、
ブリオッシュシュクレなど、見た目もかわいい!

サンドイッチ類
サンドイッチ類
キッシュ
たぶんキッシュ

サンドイッチやキッシュもあり。(なんのキッシュかは不明)

マフィンやドーナツ
マフィンやドーナツ
ミルクチョコドーナツ
ミルクチョコドーナツ

チョコレートやアップルシナモンのマフィンやベニエ、
チョコ&ヘーゼルナッツのフィリング入りチョコドーナツも!
私が行ったのが15時半過ぎで遅めだったのか、若干品薄でしたが、
適宜補充もしてるようなのでタイミングですね。

チョコレートスコーン
チョコレートスコーン
蜂蜜
ハチミツ
プリンやミニケーキの入った冷蔵庫
プリンなどのスイーツ
キャラメルサンド
キャラメルサンド

プリンやミニケーキ、キャラメルサンドなどもありました。
こちらもタイミング的に品薄でしたが、チーズケーキやマカロン、
シュークリームなどが出てることもあるらしいです。

サラダ
サラダ
フルーツ
フルーツ

あとは、サラダやチーズ、フルーツもあり。

ミニケーキとベーグルサンドイッチ

私が頂いたのはイチゴのムースのようなスイーツとベーグルのサンドイッチ。

カフェラテとカヌレと最中
カヌレ

そして、カヌレも頂きましたが、どれも美味しくて、
きっとパティシエの方が丁寧に作ってるんだろうな〜という感じでした。

あと最中も上品で美味しかった!
赤坂塩野とThe Okura Tokyoのコラボ最中だそうで、その名も「小葵」。
江戸時代、ホテルのある虎ノ門周辺で咲いていた葵にちなんで名付けられたそう。
ホテル5階のショップでも販売されているので、お土産にもよさそうです👍

今回ランチをしっかり食べてから、少し遅めの時間に行ってしまい、ちょっと失敗!
こんなに充実してるなら、もっとお腹空かせて、できるだけ早めに行けばよかったと後悔しました。

これから行かれる方、早めにチェックインして14時からしっかり楽しむことをおすすめします!

\The Okura TOKYOの宿泊プランをチェック(PR)/

イブニングライトミール(17:00~19:30)

17:00〜19:30は「イブニングライトミール」の時間帯。
「スイーツ&セイボリー」で結構お腹いっぱいになってしまったので、
一旦部屋に戻ってひと休みしてから18時過ぎに再びクラブラウンジへ行きました。
真冬(1月)だったので暗くなるのが早く、すっかり夜モードで夜景がキレイ。

窓際の席だとライトアップした東京タワーもよく見えていい気分♪

この時間帯はドリンクの種類がぐっと増えてアルコールの種類も豊富。
お酒好きにはたまりませんね。
私は全くお酒は飲めないのでたくさんあるな〜ぐらいしか思わないですが、
お酒が大好きな旦那さんはとても嬉しそうでした。

ワインやシャンパン、日本酒に加え、

ウイスキーやウォッカもあり。

なんと、ノンアルコールのスパークリングワインと赤ワインもありました。
これなら私も大丈夫!
お酒が飲めないとクラブラウンジってちょっと損した気分になりますが、
このホテルはそんなことなく、より雰囲気を楽しめてよかったです😊

そしてフードプレゼンテーションも多くが入れ替わっていて、お酒のおつまみになりそうなもの多数。

イブニングライトミールが始まって1時間ぐらい経ってから行ったので、
また若干品薄になってましたが、それもまた適宜補充されるのでタイミングですね。
あとから新しいものが追加されたりもします。

最後の1個になってるものも結構あり。
もっと充実したフードプレゼンテーションを見たい方は
17時ピッタリに行くといいと思います。

私はこんな感じで取ってきました〜♪

スイーツ&セイボリーの時間帯にあったパン類はこの時間帯もあり。
生ハムやスモークサーモン、リエットを塗ったパンなどなど。
写真右は蟹の爪のフライ!なんていうんでしょう?ちょっとおしゃれな一品。
人気のようで最後の1個をギリギリで取りましたw

美味しかった!

ちょこちょこおかわりしつつ、

スイーツ系もあれこれ色々と頂きました。
「スイーツ&セイボリー」の時間に出会えなかったチーズケーキやシュークリーム、マカロンもあって、
「あれ?スイーツ&セイボリー」の時間より充実してんじゃない?って感じでした。

レギュラーメンバーのカヌレや最中ももちろんあり。

軽食ばかりとはいえ、これだけいろんな飲み物と食べ物があったらお腹いっぱい。
私はランチから食べ続けていたこともあって、
もう晩ごはんはこれでいいや、って感じでした。
でも、肉や魚っぽい料理はなかったので、(タイミング的になかっただけかもしれませんが)
人によっては食事としては物足りないと思う方もいるかも?
その場合は、レストランへ行ったり、ルームサービスを頼むのもよさそうですね。

イブニングライトミール後

クラブラウンジは、20:30まで利用できるのですが、イブニングライトミール後は、
チョコレートやミックスナッツ、ドライフルーツが並んでました。

写真撮り忘れちゃった

モーニングライトミール(8:30~11:00)

8:30〜11:00は「モーニングライトミール」の時間帯。
天気も良く、清々しい朝でした。

オークラ東京は朝食の選択肢が多いホテルで、
このクラブラウンジでの朝食も選ぶことはできますが、
わざわざ選ばなくとも、クラブランジアクセス付きのプランで宿泊してれば出入りは自由。
ならば、他で朝食を取ってからこちらに来るのがお得だと思います。

私たちも、フランス料理の「ヌーヴェル・エポック」で朝食を食べてから、
こちらで2度目の朝食を楽しませて頂きました😋

フードプレゼンテーションは↓こんな感じ。

グラノーラ・シリアル
デニッシュ
エッグステーション
ベーコン・ハム・ソーセージ・チキンなど

エッグステーションもあり。
オムレツやスクランブルエッグ、フライエッグやポーチドエッグなど、
注文するとシェフが作ってくれます。

オムレツは、ハム・チーズ・パプリカ・オニオン・
トマト・マッシュルームから具材を選べるよ。

フルーツ
スープ

フレッシュなフルーツやスープもあり。
スープは、最中入りのインスタント。コーンとパンプキンとグリーンがありました。
その他にも、サラダやヨーグルトもあり。

私はこんな感じで取ってきました。
オムレツはマッシュルームとチーズを入れて作ってもらった出来立て。
ホテルのオムレツって絶対美味しいので、
エッグステーションがあると私は必ずオムレツを注文しちゃいます。

最中のインスタントスープは、ちょっと、う〜ん、、という感じ。
手作りのスープがあるといいのにな。
もしかしたら見過ごしただけであったのかもしれません。

桜海老のキッシュとチョコのデニッシュは美味しかった。

このロースハムも美味しかった!

すでに朝食を食べていたので、少ししか食べず、
フードプレゼンテーションもあまりじっくり見なかったので、
もしかしたらもっと種類があったのかもしれませんが、
朝食会場として選ぶにはやっぱりちょっと物足りないかもしれません。
やはり、どこか別のレストランでしっかり朝食を済ませてから利用するのがよさそう。
とはいえ、クラブラウンジとしては十分過ぎる品揃え!

クラブラウンジを利用した感想

ということで、The Okura Tokyoの「クラブラウンジ」について紹介しましたが…
ひとつひとつこだわりを感じるラインナップで、さすが一流ホテルだな〜と、
オークラのプライドを感じました!

眺望もよく、サービスもプロフェッショナルで、居心地も最高。
いろんなホテルのクラブラウンジを利用していますが、間違いなくトップレベルだと思います👍

あまり外出の予定がなく、おこもりステイを楽しむなら、
宿泊料が少し高くなっても、
個人的には絶対クラブラウンジへのアクセスありプランがおすすめ!

ただ、クラブラウンジは人数制限があるのか?
予約の際、「あれ?クラブラウンジ付きプランがない!」という日もあったので、
混雑しそうな時期は早めに予約するのが確実だと思います。

ぜひチェックしてみてください😊
↓ ↓ ↓

\The Okura TOKYOの宿泊プランをチェック(PR)/

The Okura TOKYOのその他の情報

The Okura TOKYOについては、他にも、客室についてや朝食について、
そして、オークラフレンチを堪能できる「ヌーヴェル・エポック」についても紹介しています。
以下のブログもぜひチェックしてください😊
↓ ↓ ↓

YouTubeも時々やってます!
↓↓

Instagramには、クラブラウンジやヘリテージウイングの客室の動画などもあるので、
よかったらぜひ合わせてチェックしてください😊
↓↓↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次