2024年The Okura TOKYO(オークラ東京)宿泊記〜プール・浴場・サウナ・ジムもレビュー!穴場すぎるフィットネス&スパ

今回は、今年(2024年)1月上旬に宿泊した虎ノ門のホテル、
The Okura TOKYOプールや浴場・サウナのあるOkura Fitness & Spaのレビューです。

*ちなみに、オークラ東京については、チェックイン前に楽しんだ
ランス料理「ヌーヴェル・エポック」でのランチについてや、
客室朝食クラブラウンジについても詳しく紹介してるので、
よかったらこちらも参考にしてください。
↓↓↓

<この記事はプロモーションを含みます>

目次

夜のOkura Fitness & Spa

Okura Fitness & Spaの入口

今回、The Okura TOKYO(オークラ東京)に泊まろうと思ったポイントのひとつが、
プレステージタワー 27Fにあるオークラ フィットネス&スパ

プール大浴場サウナが好きなので楽しみにしていたのでした。

利用に関するお願い

ですが、残念ながら、館内での撮影はご遠慮くださいとのこと。

フィットネス&スパの館内案内図

なので、撮ったのは↑この館内マップだけなのですが、思った以上に立派な施設でした!

なのに…

めっちゃすいてて穴場感がすごい!

すいていたというより、ほぼ貸切状態でした。

私が行ったのは夕食後の夜8時頃
土曜日だったけど、冬(1月)だったからか?
でも浴室やサウナは関係ないから、いつもそうなのか??
よく分かりませんが、

宿泊者は全員無料で利用できるので、使わなきゃもったいない!!
と、私なんかは思ってしまいます。

とはいえ、使わない人は使わないですもんね。
人それぞれだと思いますが、私的にはすいてるのは嬉しい!

めちゃくちゃ快適に楽しめました!😎

本気すぎる25mプールが最高!

写真は撮れないので「一休.com」より引用させて頂きましたが、
プールはなんと、25メートル×5レーンもある温水プール!

ペニンシュラ東京やキャピトル東急ホテル、フォーシーズンズホテル東京大手町、
パレスホテル東京などのプールも立派でしたが、いずれも20mプールらしいので、
それと比べるとやっぱり大きい!

ただ、かわいい水着を着て、キャッキャと遊ぶプールではなく、
がっつり泳ぎたいスイマーのためのプール!という感じ。

浮き袋の使⽤やボール投げなども禁止で、
建物自体まだ新しいのでとてもキレイなプールですが、
映え写真を撮るような雰囲気ではありません。
(そもそも施設内は撮影できないし)

水泳キャップの着用もマストだし(貸出あり)、競泳水着である必要は全然ないけど、
ビキニのような露出の多い水着ではない、ふつ〜の水着が良さそう。

ひたすら黙々と泳ぎたい私には最高!

もちろん、ゆっくり水中ウォーキングしてる高齢者の方もいらっしゃったし、
泳げなくても、浮いてるだけでも全然OK。
5レーンもあり、1人1レーン自由に使えるような状況だったので、
他の方を気にすることなく、自分のペースで泳げたのがよかったです👍

ジャグジーもあり!

プールサイドにはジャグジーもあり。
27階とはいえ、窓から見えるのはオフィスビルばかりで、
そこまで眺望がいいわけではありませんが、程よい温かさで気持ちいい。
プールは温水とはいえ、ずっと入ってると冷えてくるので、
時々ジャグジーで温まってはまた泳ぎに行く、ということを繰り返してました。

浴場・サウナも充実の設備!

プールを存分に楽しんだ後は、お風呂とサウナ
(写真はすべて一休.comより引用)

プール同様、こちらも貸切状態でした!

夜9時過ぎだったので、温泉旅館なんかだと夕食後の混み合う時間ですが、
全然そんなことはなく、むしろ、ガラッガラ
客室のお風呂で十分と思う人が多いんでしょうね。

浴場

お風呂は2つ浴槽がありました。
ひとつは炭酸泉だったようなのですが、いまいち気づかずw
でもいい湯加減でした。

写真ほど景色は見えませんでしたが(窓が曇ってて)、広いお風呂ってそれだけで気持ちよくて、
しかも完全に1人だったので、手足を伸ばして独り占め。
プールの後だったので余計に芯から体が温まるような気がしました。

ドライ&スチームサウナ

ドライサウナも結構大きめ。木のいい香りがしました。

スチームサウナも立派!

その他、シャワーブースも、ひとつひとつドアが閉められるようになっていて、
5つぐらいあったかな?(うろ覚え)

これだけの施設、貸切状態は贅沢で嬉しいのですが、さすがに1人だとちょっと寂しいかも(笑)

リラクゼーションルーム

お風呂上がりにゆっくりできるリラクゼーションルームもありました。
窓の外を眺めながら休めるスペースと、テレビを見ながら休めるスペースと2種類あり、
座り心地のいいリラクゼーションチェアで気兼ねなくリラックスできます。

クッキー

自由に飲めるミネラルウォーターやハーブティー、ドライフルーツ、
そして、私の好きなクッキーのサービスもありました😋

ロッカー・パウダールーム

写真はありませんが、ロッカーとパウダールームもとてもきれいで結構広々。
ほぼ貸切状態だったので、数名のスタッフの方にしか会いませんでした。

ちなみに、Okura Fitness & Spaは、宿泊者だけでなく会員になれば利用できるので、
着替え用のロッカーとは別に、会員用のプライベートロッカーもあるよう。

ちなみに、年会費(個人)は24万円らしい

フィットネスジム

今回私は利用しませんでしたが、フィットネスジムもかなり広めでマシーンの種類も豊富!
お水やお手拭きも用意されていました。

スパトリートメント

スパトリートメントも私は利用しませんでしたが、
「⽇本初上陸、和と洋の融合を具現化する「ANNAYAKE」の天然由来のスパトリートメント」
が受けられます。
なんでも、日本で唯一のスパアワード「クリスタルアワード2022」で、
業界の専門家が全国から選出した約130のスパの中で一番多く票を獲得し、
TOP SPA of Japanに選ばれているそう。

130の中で1位って結構すごいですよね?
かなり高級感のあるトリートメントルームで、料金も当然ちょっとお高め。
一番安くて、ボディ60分で23000円(平日のみ、WEB予約限定の料金)だそうです。

ヘリテージウイングかプレステージタワーのスイートルーム宿泊者は15%優待あり
プレステージタワー宿泊者は10%優待

営業時間

●ジム・プール・浴室・リラクゼーションルーム
月~土 6:00~22:00(最終チェックイン 21:00)
日曜日 6:00~21:30(最終チェックイン 20:30)

●スパトリートメント
11:00~21:00(最終受付 20:00)

すいてる理由はきっとこれ!

一流ホテルのプールって、入場制限してるところも多いので、
どこへ行ってもそんなに混んでるイメージはないのですが、オークラ東京は特にすいていた気がします。

施設のポテンシャルはすごいのに、なぜこんなにすいてるんだろう?

そもそも冬だったし、夜8時過ぎという時間帯が比較的空いてるだけ、
というもあったと思いますが、
客室のお風呂がとてもいい!というのも大きな理由なんじゃないかと思いました。

特にヘリテージウイングに泊まったら客室内にプライベートスチームサウナもあるし、
それで十分といえば十分。

オークラ東京に泊まったら、絶対プールに行きたい!お風呂もサウナも入りたい!
と思う私のような人は少数派なんでしょう(笑)

ひとつ思ったのは、
部屋からバスローブで行けないというのはちょっとめんどくさいのかも。
ホテルのプールってわりと部屋で水着に着替えてバスローブを着て行けるところも多い気がしますが、
オークラ東京は、バスローブでの移動はできないので、
普通に服を着て靴を履いて水着を持って行って更衣室で着替え、
お風呂上がりにまたしっかり着替えて部屋に戻ってくる、という感じ。

プレステージタワーに泊まっていればエレベーターで移動するだけですが、
ヘリテージウイングに泊まってると5、6分移動しなきゃいけないので、
余計ちょっと面倒になりそう。

まぁでも、大きなホテルなんで仕方ないですし、私はそのぐらいのことは全然気になりません!

ただ、こんなに立派な施設なのに、あまりホテルの売りとして広まってないのが、
個人的にはちょっともったいない気もしたり。
例えば、せめてプールエリアだけでも「他の人が写らなきゃ撮影OK!」
とかにしてInstagramやYouTubeでシェアされた方が宣伝にもなっていいのでは?
とも思いましたが…
こんなに穴場感あるプールは貴重なので、やっぱり撮影NGのままでお願いします!🙏

あともうひとつ、13歳未満の子供は利用できないというのもすいている理由のひとつかも。
小さな子供が利用できる場所は賑やかになりがちですもんね。
オークラ東京のプールは大人がゆっくり楽しめるプールだと思います。

参考までに、その他の同等ランクのホテルのプールの年齢制限

パレスホテル東京
5歳以上 (5歳から15歳は9:00 am – 6:00 pm に利用可。ただし監督者の同伴が必要)
フォーシーズンズホテル東京大手町
年齢制限なし (16歳未満は保護者の同伴が必要。4歳未満は泳ぐ際に水遊び用おむつを着用)
ペニンシュラ東京
 4歳以上12歳以下の利用は平日9:00-18:00、土・日・祝は9:00-20:00(保護者同伴)
ザ・キャピトル東急ホテル
18歳以上

という感じで、、

個人的にはとても良かった!!
宿泊を考えている方、宿泊される予定の方、
時間に余裕があればぜひ行ってみることをおすすめします!

\The Okura TOKYOの宿泊プランをチェック(PR)/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次