【沖縄/本島】宿泊記〜ハレクラニ沖縄〜

先日、“リピートしたいおすすめホテル”ということで、
沖縄本島に今年(2022年)7月に開業した新しいリゾートホテル、
琉球ホテル&リゾート名城ビーチについて書かきましたが(コチラのブログです)
今回は、そのあとに行ったリゾートホテル、ハレクラニ沖縄の宿泊記です。

泊まったのは10月上旬でちょっと時間が経ってしまいましたし、
おすすめホテルとして紹介するには、有名過ぎるというか、すでに大人気なので、
書かなくてもいいかなとも思ったんですが、
事前に知ってればもっと楽しめたのに!と、思うことが色々とあったので、
それも含め、次回また行く時のために書いておこうと思います。

つまり、また絶対行こう!
と思ったぐらい素敵なホテルだったよ♪

これから泊まろうと思ってる方の参考にもなれば嬉しいです。

目次

ハレクラニ沖縄の基本情報

場所は、那覇空港より沖縄自動車道で約75分
国定公園として守られてきた恩納村の海辺にあります。
人気のリゾートホテルが多く立ち並ぶエリアで、
空港からホテル前に停車するリムジンバスも出ているので、
レンタカーを借りなくてもアクセス良好です。(リムジンバス利用だと空港から約100分)

ハレクラニ」とは、ハワイの言葉で「天国にふさわしい館」を意味する言葉なんだそう。
本家本元は、ハワイ・オアフ島のワイキキビーチにあって、
100年以上愛され続けている歴史ある人気リゾートホテル。
ハネムーンの聖地とも呼ばれているんですよね。
実は私も新婚旅行はハワイ・オアフ島のハレクラニでした。

最高のホテルだったよ♪

そのハレクラニの2つめのホテルとして2019年にオープンしたのがハレクラニ沖縄

今年(2022年)4月に、ホスピタリティを格付けする世界有数のトラベルガイド
「フォーブス・トラベルガイド2022」のホテル部門で、日本のリゾートホテル初の5つ星を獲得
館内に併設されたスパハレクラニはスパ部門で4つ星を獲得しているラグジュアリーホテルです。

ハレクラニのウェルカムドリンク

チェックインは午後3時
ウェルカムドリンクは3種類。
パイナップルジュース・ブルーキュラソー・ココナッツファインから選ぶことができたので、
私はブルーキュラソーをチョイス。
ハレクラニブルーの爽やかなフローズンドリンクがリゾート気分を盛り上げてくれました。

敷地内には、大きく分けてサンセットウイングビーチフロントウィング
2つの棟があって、ビーチフロントウィングはハレクラニの象徴のオーキッドプールを望む棟、
サンセットウィングは素晴らしいサンセットを眺めることができる棟。
どちらも全室オーシャンビューだそうです。

私たちはビーチフロントウィングを予約したので、
チェックインもビーチフロントウィング側のロビーでした。

サンセットウィングの方が敷地内の奥にあるよ。

ホテル内の外廊下

スタッフの方の案内でお部屋へ。
外廊下ってちょっと珍しいなと思いつつ、この右側はパーキングになっていて、
ホテル前の道路、58号線(「おんなサンセット海道」ともいうらしい)を挟んで向こう側にローソンがありました。

近くにコンビニがあるとちょっと安心

客室内と宿泊料について

プレミアオーシャンビューツイン

ドアを開けると白を基調にした素敵な空間。
その先に広がる海の青さがとても美しく映えてました。

この部屋は、プレミアオーシャンビューツイン(50平米)7階でした。

今回も一休.comで予約したのですが、
【秋旅】ポイント10倍!Bed and Breakfast <ご朝食付き>
というプランで、宿泊料は、1泊で108,141円でした。

具体的に書くと…
宿泊したのは10月上旬の金曜日。
大人2人、1泊で124,300円
ポイント10倍ということで、予約した段階で16159ポイントもらえたので、
それを即時利用することで-16,159円。最終的に108,141円でした。

部屋や時期によっては5万円台で泊まれるよ

詳しくは、一休.comで確認してください!

ちなみに、一休のダイヤモンド会員だと以下3つの特典がありました。
*レイトチェックアウト13:00まで (通常12:00) (チェックイン時の空き状況により)
*ホテルクレジット3,000円分
  ※館内レストラン、ブティック、スパでご利用いただけます (1滞在につき1回。)
*ご滞在中の駐車場ご利用無料(通常1泊1台につき1,500円) (1滞在1室あたり1台まで)

\その他のお得なプランをチェック/

バルコニー

写真がちょっと暗いけど、このバルコニーが最高でした。

今回、プレミアオーシャンビューという部屋でしたが、
実は、プレミアオーシャンフロントという部屋もあって、そっちの方が海の目の前なんだろうと思い、
そちらを予約しようとしたら空室がなく、仕方なくこのプレミアオーシャンビューにしたんですが、
これも十分オーシャンフロントじゃないですか?

オーシャンフロントの方が、5000円ぐらい宿泊料が高かったんですが、どれぐらい違うんだろう?

ちなみに、このバルコニーからは
隣の部屋のバルコニーも丸見えで
「こんにちは」状態になるのがちょっと面白かった

オーキッドプール

テラスから敷地内を見下ろすと、左の方にハレクラニの象徴のオーキッドプール
右側には、ビーチが見えて、
その先には翌日泊まる予定にしていた↓ブセナテラスが見えました。(オレンジの屋根)

部屋からの景色

めちゃくちゃ眺めがよくて気持ちのいいお部屋!

私たちが泊まった10月上旬はまだ夏のような気候だったので、
窓を全開にしておくと心地のいい風が吹き込んできて、とてもとても気持ちよかったです。

比較的高層階の7階だったからか、
虫もほとんど入ってこなかったよ

ウェルカムスイーツ

ウェルカムスイーツは、フィナンシェのようなお菓子(右)と、伊江島小麦チップス「ケックン」アーサ味(左)。

バスルーム

お風呂からも外の景色を見ることができて、とにかく風通しがよくて開放感がある!

ハレクラニオリジナルビーチサンダル

広々としたクローゼットには、ビーチサンダルやビーチバックもあって、持ち帰ることも可能。

可愛いし、もちろん持ち帰ったよ

プールを満喫

ハレクラニのオーキッドプール

部屋で一休みしたあと、さっそくプールへ。

ちなみにこのオーキッド(蘭)の花のマークのオーキッドプールは、
本家ハワイの1.5倍の大きさだそうで、
150万ものモザイクタイルを使って描いているそう。

海へと続くインフィニティプールのようになっていて
(実際はこの先にもうひとつプールがあります)
手前は浅く、段々と深くなっていく造り。
端から端まで結構幅があるので、わりと泳ぎやすかったです。

子供連れのファミリーが多めのプールだよ

ビーチバック

部屋にあったこのビーチバッグが結構便利でした。
内側が撥水加工になってるから濡れたものとかも気にせず入れられます。
ちなみに、このバッグはホテル内のブティックやオンラインショップでも販売していて、
お値段なんと3500円

もちろん持ち帰り可能

ビーチフロントウィングのクワイエットプール

こちらは、オーキッドプールの先にあるクワイエットプールエリア。
東シナ海へと続くインフィニティプールになっていて、ジャグジーもあり。
併設のプールバーで、軽食やドリンクも楽しめます。
16歳以上じゃないと入れない「優美な静寂を愛する大人のための聖域」とのことで、
とにかくカップルが多かった!
目のやり場に困るイチャイチャカップルが結構いて、
あまりガン見するのも悪いかと、ぷかぷか浮いてひたすら空を眺めてたのですが、それはそれで気持ちよかったです。

クワイエットプール

写真は、営業前の朝に撮ったので誰もいませんが、いつも結構混んでました。

この他にも、キッズプールやオールシーズン利用できるインドアプールもあって、
インドアプール内にジェットバスや小さめだけど温泉もありました。(水着着用)

サンセットウイングのオーシャンテラスプール

こちらはサンセットウィングにあるオーシャンテラスプール

朝食の帰りにちょっと見に行っただけで入りませんでしたが、
ビーチサイドのプールより静かに楽しみたい方に良さそうでした。

ちなみに、冬の間はこのプールサイドにサウナが設置されているらしい!

2022年12月1日(木)~2023年3月20日(月)まで、
オーシャンテラスプールのプールサイドにて、「ヘブンリー・テントサウナ」を開催!
海を眺めながらのアウトドアサウナを軸に、五感でととのう至福のウェルネス体験をご提供します。

とのことで、ハレクラニオリジナル仕様のフィンランド製テントサウナが登場しているよう。

詳しくは公式サイトに載ってます。
完全予約制なので気になる方はぜひチェックを。

まるでハワイなディナータイム

ノンアルコールカクテル

ホテル内のレストランは4つ。
ハワイと同じ名前のオールデイダイニング「House Without A Key」と、
日本料理「AOMI/青碧蒼」、ステーキ&ワイン「キングダム」、
そして、東京の外苑前にあるミシュラン2つ星のフレンチレストラン「フロリレージュ」のオーナー、
川手寛康シェフがコンサルティングシェフを務めているイノベーティブフレンチの「SHIROUX(シルー)」。

実は、「SHIROUX」に行きたくて、
3週間ぐらい前に公式サイトから予約をしようとしたのですが、残念ながらすでに満席
金曜日で一応平日だから大丈夫だろうと思っていたら甘かった、、
ホテルに電話してキャンセル待ちをお願いしたのですが、結局空かなかったようで予約できず、、
ホテル自体は1ヶ月半以上前に予約したので、
その時点でレストランも予約しておけば良かったと後悔しました。

ディナーコースは18000円でちょっとお高めだし、
そんなに人気と知らず、ちょっとあなどってしまった、、

結局、当日予約なしで入れそうなレストランが「House Without A Key」のみだったのでそちらへ。

それでも30分以上待ったよ

ガーリックシュリンプ

第一希望のレストランではなかったけど、ここはここでとてもいい雰囲気で、
テラス席では、ハワイアンミュージックのライブやフラのパフォーマンスも見ることができて、
ハレクラニコブサラダ(2200円)やガーリックシュリンプ(3600円)を食べながら、
まさにハワイに来ているかのような気持ちになれました

コースメニューは7200円だったよ

ハワイアンショー

ステージの後ろはオーキッドプールで、その先には海が見えるのですが、
たまたまなのか、花火が上がったりして、とてもいい時間を過ごせました。

なので、結果、このレストランもよかったですが、
次回は絶対早めにSHIROUXを予約しようと思います。

時期にもよるけど、
SHIROUXに限らず、行きたいレストランがある場合は、
電話か公式サイトで事前に予約して行った方がいいかも。

ちなみに、ビーチフロントウィングの部屋だと、こういうライブもバルコニーから見られます。
私の部屋は、少し離れた場所だったので、うっすら聴こえる程度でしたが、
そういう雰囲気も結構好きなので、賑やかなリゾートの雰囲気が好きな方は、
ビーチフロントウィングがオススメです。

ひたすら静かに落ち着いた雰囲気を楽しみたい方はサンセットウィングの方がいいかもしれません。

夜のハレクラニ

夜のライトアップも幻想的で素敵でした。

ハレクラニのオリジナルパジャマ

部屋に戻るとターンダウンしてくれていて、氷と新しいお水が置いてあったり、
パジャマに、ちょっとしたプレゼントが。(ウミガメのチャーム?キーホルダー?)

ちなみに、白いパジャマは透けるので個人的にあまり好きではないのですが、
このパジャマは、さすがハレクラニだけあって、薄っぺらくなく、上質なものでした。
さらっとした肌ざわりが特徴のサッカー生地を使用していて、
通気性、放湿性に優れており夏の時期におすすめ
、とのことで、着心地もなかなか。
なんと、ホテルのブティックやオンラインショップでは17000円で販売されています!

確かに質はいいけどちょっと高すぎる〜
あと、色は白じゃなくハレクラニブルーとかだったらいいのにな。

ハレクラニの朝。念願の「SHIROUX」で朝食パンケーキ!

海辺のビーチヨガ

翌朝も幸いいい天気で、バルコニーに出ると下の芝生ではヨガをやっているのが見えました。

毎日、朝(7:00-8:00)夕方(17:00-18:00)にやっているらしいのですが、
ご予約はご利用希望前日の朝9時より、
お電話もしくはコンシェルジュデスクとアクティビティカウンターにて承ります

とのことで、事前の予約が必要で、
チェックイン後、夕方頃に気づいて予約をお願いした時には
すでに定員に達していて予約できず、、

またもちょっと残念な気持ちになりました。

海辺でのヨガ、
気持ち良さそうだったな〜

レストランSHIROUX

朝食は、一休の宿泊プランには、「House Without a Keyで」と書いてあったのですが、
実際はチェックインの時に下記3つから選べるとのことでした。

  • 「House Without a Key」でのビュッフ
  • 日本料理「AOMI」での和朝食セットメニュー
  • 「SHIROUX」での洋朝食セットメニュー

「SHIROUX」に行きたかった私は、迷わず「SHIROUX」を選択

朝食は朝7時〜11時とのことで、張り切って朝7時少し前に行ったら
すでに待っている人がいましたが、オープンと同時にすぐに席に案内してもらえました。

店内は天井が高く、高級感あって素敵な空間。
たまたま半個室のような席に案内してもらえて、とても優雅な気分になりました♪

ちなみに、席はすぐに満席になって、
遅めに食べにきた人は30分〜1時間待ちになってたようなので、
早めに行って正解でした◎

SHIROUXの朝食

メニューは、シルーブレックファースト(5,000円)
 *シャンパンブレックファースト(6,900円)というシャンパン付きメニューもあり。

メインディッシュが下記から選べました。

  • やんばる卵のオムレツ
  • 2種のエッグベネディクト
  • 沖縄島豚ジャンボブランとモレットのそば粉ガレット
  • ふわふわスフレパンケーキ
  • ホワイトエッグオムレツ

迷いましたが、確か7割ぐらいの人がパンケーキを注文するとスタッフの方がおっしゃっていて、
ならばと、パンケーキをチョイス!

フルーツジュース、コーヒーか紅茶、
アサイーヨーグルトとフレッシュフルーツのあとに運ばれてきた
ハレクラニ沖縄オリジナルふわふわスフレパンケーキは、
ヘーゼルナッツのソースがたっぷりとかかっていて、見るからに甘そ〜!

ハレクラニオリジナルパンケーキ

朝からのこんな甘そうなの大丈夫〜?(笑)と一瞬ひるみましたが、
意外と甘すぎず、スーパーしっとりふわっと軽い食感で、問題なく完食できました。

美味しかった!

ハレクラニオリジナルパンケーキ

リコッタチーズと卵白を結構多めに使ってるっぽいですね。
これを食べに!という方も多いそうで、
確かに、ハワイのハレクラニもパンケーキが有名だったのを思い出しました。

朝食のそば粉のガレット

ちなみにこちらは、旦那さんが選んだ沖縄島豚ジャンボブランとモレットのそば粉ガレット
クロワッサンなど3種類の美味しそうなパンが入ったベーカリーバスケットもついていて、ボリュームも十分。
少しもらいましたが、こちらも美味しかったです。

ディナーは食べられなかったけど、
朝食が美味しかったし、雰囲気も最高だったから満足!

サンセットウイングのロビー

SHIROUXサンセットウイングにあったので、サンセットウィングのロビーにも寄ってみましたが、
ビーチフロントウィングのロビーより素敵かも。
この左側には、クラブラウンジもあって、
少しリッチな気分を満喫したい方はサンセットウィングがいいのかもしれません。

夕方にはここからもキレイなサンセットが見られるみたいだよ

ビーチでリラックスタイム

ビーチ

朝食の後は、ビーチへ。

海にもちょっとだけ入ったけど、
足元がちょっとゴツゴツ?(たまたまかも)
裸足で入ったら痛かったから
ほとんどデッキチェアで寝てたよ。

今回、SHIROUXでのディナーが予約できなかったことと、
ビーチヨガが予約できなかったことに加えて、
もうひとつ残念だったのが、サップができなかったこと!

前日、チェックインした日の夕方にフロントで、
体験クリアサップ」という60分のアクティビティの予約をお願いしたら、
運よく、翌日11時からか13時からなら予約が取れるとのことで、
チェックアウト前の11時に予約をとったのですが、
なぜか、天候か?何かの都合で中止になったようで、体験できず、、

「13時からなら予約が取れますが、いかがですか?」と言われたのですが、
「13時チェックアウトなんです」、、と言ったら、
「チェックアウト後でも体験可能ですよ。更衣室も利用できますし。」とのこと。
え、そうなの?だったら、、と思ったのですが、
14時には別のホテルにチェックインすることになっていたため断念。。

チェックアウト後でもアクティビティは楽しめることを知っていたら、
また予定の立て方も違ったのに、、と思いつつ、
その前に、もっと早めに、宿泊前に予約を取っておけばよかったと思いました。

事前に調べておかないと損しちゃうこと多いね

他にも多種多様なアクティビティがあるので、気になる方は公式サイトで。

海辺で結婚式の準備

ちなみに、この日は土曜日ということでビーチのそばの芝生では結婚式が行われていました。

バルコニーでコーヒー

部屋に戻ってバルコニーでコーヒーを飲みながら勝手に参加してる気分に。

海辺で結婚式

こんなシチュエーションでの結婚式、最高ですね。

天気が良すぎてちょっと暑そうだったけど
一生忘れない記念になるね♪

インルームダイニングで沖縄名物ソーキそば

インルームダイニングでソーキそば

結婚式を眺めてると、インルームダイニングで注文した料理が届きました。
部屋も素敵なので出かけてばかりじゃもったいないですからね。

ハンバーガー、サンドイッチ、カレーなど色々ありましたが、
沖縄名物ソーキそば」(2150円)を客室のタブレットで注文。
30分ぐらいで届いたと思います。

ソーキそば

バルコニーで海と空と結婚式を眺めながら食べるソーキそば、最高でした

ちょっと豚骨スープっぽくてお肉もガッツリ。
美味しかった!

お土産はオリジナルパンケーキミックス

ハレクラニオリジナルパンケーキ

13時のチェックアウトまでゆったり楽しみ、ブティックでお土産も物色。

ハレクラニ沖縄オリジナルパンケーキ¥2,000 (税込)を購入しました。
公式サイトに、ふわふわスフレパンケーキのレシピもあったので自宅で再現してみようと思います!

ということで…

ハレクラニ沖縄
最高のホテルでした!
また絶対リピートしたいと思います!

\ハレクラニ沖縄のお得なプランをチェック/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次