【2023年10月沖縄宮古島旅行記】ヒルトン沖縄宮古島リゾートを3泊4日で満喫!①羽田空港/宮古空港/送迎シャトルバス/オーシャンビュー/予約時の注意点

先日、「ウェスティンホテル横浜の宿泊記①」というブログを書いたので、
その続きを書こうと思ったのですが、
書く時間がないままバタバタと沖縄宮古島旅行に行ってしまいました。

すっかり宮古島モードになってしまったので、「ウェスティンホテル横浜の宿泊記②」より先に、
沖縄宮古島旅行記を書きたいと思いまーす。

気まぐれなB型でごめんよ

今年は5月にも沖縄に行きましたが、
暑すぎず、混みすぎない10月上旬の沖縄も好きなんですよね。
個人的に一番いい季節なんじゃないかと思ってます。

宮古島を選んだのは、今年(2023年)6月に開業したばかりのホテル、
ヒルトン沖縄宮古島リゾートに泊まりたかったから!

3泊4日で存分に楽しんできたので、出発から時系列で振り返りまーす😎

目次

12:10 空港送迎NearMe(ニアミー)で羽田空港へ

NearMe(ニアミー)のエアポートシャトルの車内

沖縄旅行は、我が家の場合、
一緒に行く旦那さんの仕事の都合で木曜日の午後出発になることがほとんど。
今回も木曜日の午後に出発し、日曜日に帰宅するという3泊4日コースでした。

旦那さんは先に朝から羽田空港に行って、BOX型のワークスペースでリモート会議。
その間に私は家で洗濯や掃除を済ませ、出発の準備。
そして午後13時頃に羽田空港で合流!
という感じで、何度かこの流れで旅行をしてます。

ということで、私はお昼頃に自宅を出発しました。

いつも空港行きのリムジンバスを利用してましたが、今回は、NearMe(ニアミー)という、
自宅から空港まで送迎してくれる相乗りのエアポートシャトルを初めて利用。

荷物が多いからタクシーに乗りたいけど、我が家から羽田空港までは7000円以上。
ちょっと高いよな〜と思っていたら、
NearMeだと3500円ぐらい。
先に出発した旦那さんは1900円ぐらいで乗れることが分かり
(その時相乗りする人数などによって料金が変わる)
試しに利用してみたのですが、普通にタクシーに乗るより全然安いし、
めちゃくちゃ楽ちんでよかったので、個人的にはとてもオススメのサービスでした。
詳しく書くと長くなるので、
興味ある方は↓こちらのブログをチェックしてみてください。(1000円OFFのクーポンあり)

12:45 羽田空港着

羽田空港第2ターミナルのハイヤー乗り場

NearMe(ニアミー)で羽田空港に到着!
ANA便を予約したので第2ターミナルのハイヤー乗り場で降ろしてもらいました。
13時到着予定でしたが、なんと15分ほど早く到着。
つまり、自宅出発から30分ちょっとであっという間に着いてしまって、楽ちん過ぎてびっくり。

いつもはバス+空港リムジンバスだったから1時間半近くかかってたよ

今まで知らなかったのもったいなかったな〜と思いつつ、搭乗口へ。
(とはいえ、人によってはデメリットに感じることもあると思うので、
その点を含め後日またブログに書きます)

羽田空港第2ターミナル

飛行機はだいたいANAを利用します。なんとなくJALよりANAが好きなんですよね。

BOX型ワークスペースでリモートワーク中の旦那さんと合流

保安検査場を通り、まず向かったのは旦那さんがいるBOX型ワークスペース

BOX型ワークスペース

これこれ。

BOX型ワークスペース
BOX型ワークスペース

搭乗口の近くにあるので、ぎりぎりまでリモート会議に参加できるのがいいみたい。
私は使ったことないですが、結構快適らしいです。

搭乗口の案内板

ちなみにこのBOXは62番ゲート付近にあります。
羽田空港はビジネスマンも多いですからね。
空港内にはこういう個室型ワークボックスが結構あって便利ですね。

ライスバーガー専門店でテイクアウト

今回利用した飛行機は、15時05分発の宮古島直航便。
搭乗まで少し時間があったので、軽く何か食べることに。
案内板を見てたらライスバーガー専門店というのが気になったのでそこに行ってみたのですが、

ライスバーガー専門店「COMEL」

なんだここか〜、という感じで、何度も入ったことあるお店でした。
ライスバーガー専門店だったとは知らなかった。

ライスバーガーメニュー
九州産黒豚メンチカツのライスバーガー
九州産黒豚メンチカツのライスバーガー

ほぼ売り切れで選択肢なく「九州産黒豚メンチカツ」というライスバーガーを購入。
食べ応えあり、なかなか美味しかったです。

店先で販売されている崎陽軒のシウマイ弁当とシウマイまん

そして、同じお店で売っていた崎陽軒の「シウマイまん」も購入。

シウマイまん
中身がシウマイの具

期待ほどの美味しさではなかったですが、ちょっとずつパクつけるので機内で食べるのも良さそう。

搭乗前に全部食べちゃったけど

エアポートラウンジでコーヒータイム

エアポートラウンジの入り口

そしてまだ時間があったのでラウンジへ。

エアポートラウンジの入り口

有料ラウンジですが、提携しているクレジットカードを持っていれば無料で利用可能。

エアポートラウンジの入り口

ただ、結構いつも混んでるイメージ。

エアポートラウンジの中の様子
エアポートラウンジのドリンクバー
エアポートラウンジのドリンクバー

コーヒーやソフトドリンクが無料で飲み放題なのが嬉しい。

エアポートラウンジのドリンクバー
エアポートラウンジのドリンクバー

ゆったりしたフォファーのような席もありますが、

滑走路を一望できる窓側の席

私はいつも飛行機が見える窓側の席。
カフェオレを飲みながら飛び立つ飛行機を見てるのが好きです。

ちなみに、持ち込みの飲食は禁止!
電話やweb会議もNGだよ。

充電も可能

飛行機によっては充電ができないこともあるので、しっかり充電もしときます。

14:45 宮古島行き飛行機に搭乗

宮古島行きの搭乗口

いよいよ搭乗!

機内のモニター

沖縄に行く時って、行きはモニターあるけど、帰りはないこと多い気がする。
たまたまかもしれないけど、今のところその確率高めです。

15:15 宮古島に向けて離陸

離陸時の窓からの景色

離陸を見届けた後は、映画鑑賞タイム。

到着まで映画鑑賞

新作枠にあった「ザ・スパーマリオブラザーズ・ムービー」が面白かったです👍

宮古島ガイドブック

そして、一応買ってきた宮古島のガイドブックもチェック。
「るるぶ」とかだと、他の離島もまとめて掲載してるけど、
これは宮古島だけ。情報多いし、見やすくていいです。
空港の待合席で目の前に座っていた女性もこれを読んでました。

18:05 宮古空港到着

宮古空港ターミナルビルのフロア案内図

ほぼ定刻通り宮古空港に到着!
羽田空港からだと3時間ぐらいかかるんですね。

18:45 ヒルトンの送迎シャトルバスでホテルへ

ヒルトンの送迎シャトルバス

沖縄に行く時はいつもレンタカーを予約しますが、
今回はホテルを存分に満喫しようと思い、レンタカーはなし!
ホテルまでの足も無料シャトルバスを利用しました。

乗せてもらったのは18時45分の最終便。それよりだいぶ早めに空港に着きましたが、
外に出て左の方に歩くとこの立派なバスがすでに待っていてくれてました。

ヒルトンの送迎シャトルバスの車内

バスの中もラグジュアリー感あって、さすがヒルトン、という感じ。

40~50人ぐらい乗れそうですが、最終便に乗る人はやはり少ないようで、
私と旦那さん以外に女性2人、計4人だけでした。

シャトルバスから見える宮古空港

バスから見える宮古空港はこんな感じ。
10月上旬の18時半ぐらいなので、さすがに空も暗くなり始めてました。

19:00 ヒルトン沖縄宮古島リゾート到着&チェックイン

夜のヒルトン沖縄宮古島リゾート

宮古空港からホテルまでは15分ほど。
近くていいし、送迎してもらえるのってめちゃくちゃ楽でいいですね。

ヒルトン沖縄宮古島リゾートの看板

すっかり暗くなって途中の景色はほぼ真っ暗だったので、入り口も外観もよく分かりませんでしたが、
とりあえずヒルトン沖縄宮古島リゾートに到着!

ヒルトン沖縄宮古島リゾートのエントランス

エントランスも真っ暗(笑)

明るいとこんな感じで伊良部大橋がきれいに見えます。(写真は一休.comから引用)

ヒルトン沖縄宮古島リゾートのエントランス

でも暗くてもライトアップされてきれいでテンション上がりました。

全体像はこんな感じ。まさにリゾートホテルって感じで、
今年6月に開業した時から「絶対泊まりたい!」と楽しみにしていたのでした。
2ヶ月ほどのソフトオープン期間を経て8月26日にグランドオープンしたばかりで、
ヒルトンの沖縄離島初進出!ということらしいです。

ホテルの入り口

入り口もピカピカ✨

ロビー

ロビーもリゾートらしい素敵な空間。
さすがにこの時間にチェックインする人は少ないようで、
待つことなくすぐにチェックインできました。

ちなみに、部屋までの案内はなく、キーをもらって自力で部屋まで行くスタイル。
ヒルトンって、ラグジュアリーホテルとカジュアルホテルの間って感じですよね。

私が行ったことのある沖縄の大きめのリゾートホテルでいうと、
ハレクラニよりはカジュアルで、沖縄プリンスホテルよりは高級感ある感じ。
ランク的には琉球ホテル&名城ビーチが一番近い気がします。

個人的なイメージだよ

19:10 客室(オーシャンビューのツインデラックスルーム)到着

【オーシャンビュー】ツインデラックスルーム

遅い時間のチェックインだともったいないので、
初日は予約できるプランの中で安めの部屋をとりました。
それが【オーシャンビュー】ツインデラックスルーム

オーシャンビューじゃないもう少し安い部屋もあったけど、
せっかくリゾートなんでオーシャンビューは死守。

【洗い場付きバスルーム/ベッド110cm】3階~6階。
プライベートバルコニーからはトゥリバーマリーナやパイナガマビーチ方面を望みます。

という部屋で、宿泊料は、朝食付きで1泊63146円(2人分)
楽天トラベルを予約したのですが、5%OFFクーポンで-3157円になったので、
最終的に59989円でした。

ほぼ寝るだけなのでちょっともったいなかったですが、
翌朝ホテルのアクティビティに参加したかったので、
他に泊まると面倒だし、まあいっか。となりました。
これでも木曜日だったので少し安かったと思います。

オフシーズンは3万円台で泊まれるよ

\宿泊プランをチェック(PR)/

【オーシャンビュー】ツインデラックスルーム

宿泊料はさておき、新しいだけに部屋の中はどこもかしこも美しい。
ナチュラルな柔らかい雰囲気で居心地のいいお部屋でした。

【オーシャンビュー】ツインデラックスルーム
洗面台

洗面台もすっきり。
アメニティは最近のホテルらしく最低限でスキンケアセットみたいのはありません。
左側に備え付けられてるボトルはハンドソープとボディーローション。
リゾートだとシャワー何度も浴びるのでボディーローションたっぷり使えるのはいいですね。

洗面台
トイレ
バスルーム
レインシャワー

バスルームのシャワーはレインシャワーもありました。

クローゼット
プールローブにシーサーの刺繍

プールに行く用のローブもあり。シーサーの刺繍が可愛い。

ナイトウェア
ナイトウェア

でもパジャマは私の好みではないパジャマ。デザインいいけど白いし、生地薄め。
旦那さんは着心地良さそうでしたが、案の定パンツとか透けてたし、
私は持参した自前を着ました〜

パジャマは透けない色つき希望

「オーシャンビュー」のバルコニーからの景色

バルコニーから見える海

バルコニーからの景色は、夜は真っ暗でなにも見えなかったのでこちらは翌日の昼間の写真です。

トゥリバーマリーナとパイナガマビーチ

「プライベートバルコニーからはトゥリバーマリーナやパイナガマビーチ方面を望みます。」
ということでしたが、
どれがトゥリバーマリーナか、どれがパイナガマビーチかは最後までよく分からず。

でも、海は青くてきれいでした👍

ヒルトン沖縄宮古島リゾートを予約する際の注意点

そういえば、新しいホテルなので私もよく分からなかったのですが、
予約する時に注意したほうが良さそうな点が2つあったので参考までに。

バルコニーからの景色が一番いいのは「オーシャンビュー」ではない!

そう、「オーシャンビュー」もいいんですが、
このホテルで一番いい景色の部屋は「サンセットビュー」です!

公式ホームページや旅行サイトでもちょっと分かりづらくて、私もあんまりよく見ず、
オーシャンビュー」って↓この景色だと勝手に思ってしまいました。

伊良部大橋もキレイに見えてめちゃくちゃ素敵な景色!
この景色の部屋に泊まりたい!と思って「オーシャンビュー」をとったんですが、
これがちょっとしたトラップで、
この景色の部屋に泊まりたいなら「サンセットビュー」と書いてある部屋をとるべきだったんです。

オーシャンビュー」って、ホテルの裏側?のオーシャンビューだったんか〜い(T . T)
ってなりました。

まあ、静かなオーシャンビューがいいって思う人もいると思うので
「一番いい景色」というのは個人的な感想ですが、
間違えてガッカリする人多いんじゃないかな〜と思ったので書いておきます。

そういえば、宿泊料もサンセットビューのほうがちょっと高かったので、そこで気づくべきでした。
というか、「サンセットオーシャンビュー」とかの方が分かりやすいのにな〜、
なんて思ったり、、(しつこい)

プライベートバルコニーから伊良部大橋全景とオーシャンビュー、
美しいサンセットが見られる部屋は、
サンセットビューです!!

また行く機会あったら絶対「サンセットビュー」にするよ

予約時よりキャンセル料100%

もうひとつ気になったのが、一休.comや楽天トラベルなどの旅行予約サイトで予約する場合、
だいたいのホテルや旅館って、3日前〜1週間前ぐらいからキャンセル料かかるところ多いですが、
ここは予約した時点でキャンセル料100%

予約時点より宿泊料金100%のキャンセル料がかかります。
お取消・ご変更の場合には宿泊料金の全額を申し受けます。

と注意書きがあります。

いきなり100%って珍しい!
新しいホテルだからなのか?よく分かりませんが、
2ヶ月前に予約しても3ヶ月前に予約してもそうなので、ちょっとびびりますよねー。
何があるか分からないし、私も、2ヶ月前に予約を取ろうとしましたが、
ちょっと保留にして1ヶ月前になって予約しました。

あんまり引き伸ばして満室になっちゃってもやだし

でもヒルトン沖縄宮古島リゾートの公式サイトで予約すると1日前でもキャンセルできるっぽいので、
心配な方はそっちがいいかも。

私は公式サイトの予約はあまりしないので、旅行サイトでももう少し優しくしてくれると嬉しいでーす。

\宿泊プランをチェック(PR)/

ちなみに、このヒルトン沖縄宮古島リゾートをはじめ、
ヒルトンをよく利用する方におすすめなのが
ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)

年会費25,000円でヒルトングループの国内及びソウルの指定ホテルの宿泊料が25%オフ
レストラン利用が最大20%オフなどの特典が提供される有料会員制度です。 

入会または更新時に1万円相当の割引券がもらえるので、実質年会費は15,000円!

さらに、初年度は、通常1年間に4滞在か10泊必要なステータス、
ヒルトン・オナーズ・シルバー会員」の資格が進呈されます。
*入会と同時にヒルトン・オナーズの入会が必要(無料)

1泊30000円の部屋に2回宿泊すれば元が取れるし、
さらにレストランも利用するなら確実にお得です。

ヒルトンと名のつくホテルだけでなく、
コンラッド東京、コンラッド大阪、コンラッドソウル、ROKU KYOTOなども対象になるので、
これらのホテルに宿泊予定のある方は一度チェックしてみるといいと思います😊
(なぜかヒルトン横浜は対象外です)
↓ ↓ ↓

ということで、ちょっと長くなってしまったので、続きは↓↓こちらのブログで😎

このあと楽しんだ宮古島食材をふんだんに使ったイタリアンディナーコースや
翌朝以降の朝食ビュッフェ、エグゼクティブラウンジ、
プールやプライベートビーチ、アクティビティのSUPツアーなど、
3泊4日の宿泊記の続きを書いてるのでよかったらぜひ。

さらに、その続きは↓こちらに書いたので合わせてぜひ😎

Vlog(動画)も作ってみました

Vlogも3本作ってみたので、よろしければ参考までに。
素人編集なので優しい目で見てもらえるとありがたいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次